パパの家事力向上作戦③【家事代行のフォー・リーフです】

こんにちは!家事代行のフォー・リーフです。
パパの家事力向上作戦第三弾!
今回のテーマは
「家事・育児はゲームと一緒?」です

私が家事・育児を一人でこなしていた頃、
夫によく言われていたことが

「何か手伝おうか?」

です。

これに対して
「手伝ってくれるなんて嬉しい~♪ありがとう」
なんて素直に思える奥様な素敵です!
ひねくれ者の私は
「は?手伝う?これ全部私がやって当たり前なわけ?
あなたは手伝うだけなわけ?」
そんな風に思っていました。

夫は家事・育児は基本、妻がやるもので、
自分がやるときはあくまでも「手伝い」という感覚でした。
b-1これではあまりにもママの負担が多すぎます。

もっと大変な、手伝ってもくれず妻に自分の身の回りのことも任せてしまうパパさんもいるようです(*_*;
b-2妻は子供のママであって、旦那のママではありません!!( ;∀;)

家事・育児を「手伝う」というのは、NGワードなのです。

家事・育児を手伝うという感覚を、まずは捨ててもらいましょう!
手伝うのではなく、一緒にやるのです。

この手伝うという感覚を無くしてもらうのに、我が家はかなり苦労しました。
まず、出来る方がやろう!という制度にしてみましたが・・・
気が付くと、結局、私が全部やることになっていました(*_*;
次に、手が空いた方がやっていく制度は、多くやりたくないからと
一つの作業に時間を掛けてしまうだらけた夫婦になり失敗(笑)
そこで、前回のお買い物リストのようにリストを作ってみることに。
帰宅後にやる家事をリストにして、家事を分担作業制にしてみたのですが・・・
自分の当番だと思ってしまうと、どうしても手を抜いてしまいます。
c-2やったものに丸を付けていきますが、手を抜いていても担当制だと自分しか確認しないので、だんだん手抜きになっていくのです。

そして、たどり着いたのが連帯責任制!
c-1これはリストを作っただけで、最初の出来る方がやろう!制度と一緒なんです。
ただ、リストにするだけでパパもあと何をやらなければいけないのかわかりやすくなり、
「終わらなければ寝れない」というルールを加えることによって連帯責任で、リストの項目が全て済になるまでは連携してこなしています。
連携プレーでミッション(家事)をこなしていくようなゲーム感覚になっているようで、最近は、夫の方がミッション(家事)クリアをすることに積極的に動いてくれています(笑)

家事・育児を一人で抱え込んでしまっているママさん
誰だって最初はレベル1から始めるのです。
経験値を積まなくてはレベルアップは出来ません。
パパさんが経験値を積むまでは、マルチ(協力)プレイでフォローして乗り切りましょう!

家事・育児への参戦の仕方がわからないパパさん
最初は、経験値を積んでレベルが高くなってるママさんのフォローは必須です。
戦闘力が低い方が、レベルの高い方にマルチプレイを依頼することはあっても、
戦闘力の高い方に「手伝うよ」なんて声掛けあまりしないですよね?
家事・育児も同じです。
このように、ゲームの仲間要請のように
家事・育児は「手伝う」ではなく「連携」を!

上記のように、夫になぜ「手伝う」と言ってはいけないのかをゲームで例えて説明をしたところ
理解してくれました(^_-)-☆

パパの家事力向上作戦!
次回に続きます♪

家事代行サービス フォー・リーフ


家政婦・家事代行ランキング
子育てパパランキング

パパの家事力向上作戦②【家事代行のフォー・リーフです】

こんにちは!家事代行のフォー・リーフです。
本日は、パパの家事力向上作戦第二弾!!
お買い物上手になろう編です♪

普段お買い物をしない旦那さんに買い物を頼んだら
違うものを買ってきたり、
高いものを買ってきたりして・・・
大変でも自分で買いに行った方がよかった!!
なんて経験ありませんか?

私も去年の大掃除の時に、
忙しいので夫に買い物を頼んだら・・・

「〇〇ってこれで合ってるのかな?」
「△△は無いって言われたんだけど、代わりのものってどれになるの?」
「✖✖がセールって書いてるけど買っとく?」
「余ったお金で◎◎も一緒に買っても大丈夫?」

などなど、何度も電話をかけてくるのです!( ゚Д゚)
忙しくても自分でささっと必要なものだけ買ってくる方が早かった!
なんで、結局自分が大変になってしまうの?

それは、買い物に慣れていない人だからなのです。
みなさん、はじめてのおつかいは見たことありますか?
小さい子どもが初めてお使いに行くのですが、
お店に着いてから何を買うのかわからなくなったり、
言われたものはわかるけど同じような商品がたくさん並んでいるとどれかわからなくなる。
子どもだけでなく、大人だって普段買わないものを頼まれたら
はじめてのおつかい状態なのです(*‘∀‘)

だけど、夫・パパは大人です。
自分で確認できるようにすれば、ちゃんと買い物できるのです。
そこで我が家は、スマホでいつでも確認できる
夫婦共有の買い物チェックリストを作りました!
ritsuto

リストは、キッチン・納戸・洗面所・トイレなどのストック置き場を確認するように作りました。

買い物に行く前にストック置き場を確認。

ストックが無いものは名前の前に丸〇
まだあるけど残り少ないから安かったら買ってもいいかもは三角△
を入力

更新したら夫婦で共有

★買い物リストを作ってよかった点★
・無駄な買い物を減らせる
・仕事帰りにスーパーに寄った時も無いものが確認できる
・いつも確認しているので店でも商品を迷わない

買い物どころか家事もやったことないパパさんは
洗剤の種類や調味料の種類なども知らなかったりします。
リスト化すると男性もわかりやすくなりますね♪

今は買い物リストアプリなどもあるので、
無料アプリを使うのも便利でお勧めです♪
どうしてもダメな場合は家事代行で
お買い物代行を利用するのも一つの手ですね(^^♪

※注意※
アプリで買い物は出来るようになりますが、
おつりでパパが自分のお菓子を買うことは改善できません(笑)

パパの家事力向上作戦!
次回に続きます♪

家事代行サービス フォー・リーフ


家政婦・家事代行ランキング

パパの家事力向上作戦①【家事代行のフォー・リーフです】

こんにちは!家事代行サービスのフォー・リーフです!
本日は、パパの家事力向上作戦について!

前回、ママさんの集まりでは、夫婦間での家事や育児の分担の話で盛り上がるという内容を書きました。
その時に上がったパパの家事力向上のための作戦や、
パパの家事育児誘導作戦などをご紹介していけるといいなと思いました(^^♪

現代では、専業主夫も増えてきています。
男の人でも、家事や育児は出来て当たり前?な時代になってきました。
積極的に家事・育児をしてくれる男性は増えています。
増えているのですが・・・( ˘•ω•˘ )
なぜママさん達からはため息ばかりなの・・・?

その疑問を解決するために、実際に私が夫に家事をしてもらって
判明した問題点・改善点をリアルに書いていきたいと思います!

私が夫の家事力を知ったのは、産後里帰りをしていた時でした。
それまでは、一緒にいたから気が付かなかったのです。
夫が家事をしてくれているのではなく、ただ手伝ってくれていただけだと!
里帰り中はもちろん夫だけ。手伝いどころか、自分一人で家事をこなしてもらわなくてはいけません。
里帰りが終わる頃、夫に
「そろそろ戻るけど、家は赤ちゃんが行っても平気なくらいキレイになってる?」
と、軽く聞いてみました。
夫からは「もちろんキレイになってるよ!いつでも帰っておいで~」
ベビーグッズの設置などだけ、一度確認しに来てほしいとのことだったので、
母に子供を見てもらい、自宅に確認に戻りました。

帰ってみてビックリ!!!!!!!( ゚Д゚)
床はそこそこ片づけてありましたが、すみっこにほこりが溜まっている!
水回りは一見キレイに見えますが、やはり角にはカビやヌメリが!
あとは、ゴミが分別できていないことや、
洋服がキチンと畳まれずにぐしゃっとタンスに詰め込まれていたりと・・
上げればキリがありませんでした(;・∀・)
同じように、里帰り後に唖然としたママさん、ママの里帰り中に困ったパパさんも多いのでは?

そこから、パパの家事力向上作戦が始まりました!
まずは、習慣付けること!
続くように「ながら掃除」作戦です!
パパの掃除力向上作戦1こちらをご覧ください!
パパの身支度グッズと一緒に洗面台掃除用のスポンジを置いてみました!
ひげそりや歯磨きをするついでに洗面台の掃除もしてもらえるように(^^♪

わざわざ掃除道具を出してこなくても、
パパのテリトリーにいつでも見えるところに置いておく!
この作戦が大成功!
ひげそり後などは特に、自分の髭カスもあるので気になるようで
ついでにササっと掃除してくれるようになりました!

パパの家事力向上作戦!
次回に続きます♪

弊社では、子育て応援特典といたしまして、
「パパさんへの無料家事指導」特典もあります♪
弊社の男性スタッフがパパさんへの家事指導を、お客様宅にて実施させて頂きます。
ご質問など、お気軽にお問合せ下さい♪

家事代行サービス フォー・リーフ